パチンコの新台の楽しみかた

パチンコの新台が入ると一目散にみんなその台に群がります。こちらもどんな台なのかと興味津々だし、お店側も新台が入ることでお客さんが多くなるのでかなり気合が入っています。台の釘も甘めに設定してくれていたり、大当たりが連発することも多いです。みんなそれを狙って新台を打つのですが、初日はいっぱいでなかなか座ることができません。台が空くまで、他の台で打って、ある程度時間を見計らって台が空いているかチェックしにいきます。たまに空いたと思っても、700回ぐらい回っていて一度も当たりがない台だったり、ひどい時は1000回の時もあります。こういった台を打つのはかなり勇気がいりますが、もしかしたらということもあるので、挑戦したりするのですが、なかなかそう上手くいくことはありません。こういった台はその日はまったくアタリが出ず、次の日に行くと大連チャンするといったパターンが多いので、そういうことも考えて台を選ぶとまた楽しみが増えます。

パチンコの新台は当たりがでやすい

パチンコの新台は当たりが出やすいので、朝から並んで台を打ちに行くことが多いです。しかも、台が並んでいる列の一番端側はかなり狙い目です。端っこの台は周りから見てとても目立つので、大当たりしているのがよくわかり、みんなが台に寄ってきます。なので、台を選ぶときはなるべく端の台を選ぶようにしています。真ん中も結構当たりが多いですが、休憩などで台を離れるときに行きにくいというのがあるので、端が空いてなかったらという時以外はあまり座りません。新台はなかなか台が空いていないことが多いので、朝から並んだほうが確実です。自分が打ちたい台をしっかり確認できるし、店側も釘を甘めに設定してますから、かなりの確率で勝てます。みんなそれを狙って朝から並んでいるのですが、たまに後からきて、500回以上回っている台に座った人が一発目で大当たりということもありますので、こればっかりは運としか言いようがありません。

パチンコの新台が入荷されたら

パチンコが好きな方は、新台が入荷されると、どんな機種なのか、時間があれば打ってみたいですね。どうせ打つなら、一回もまわってない時に打ちたいですが、会社を休むことが出来ないので休日に朝一で打ちに行きたいですね。席を取るのは、迅速な動きが大切です。前もってどこの入口から入った方が早いかチェックしておくといいですね。ドアが開いたら、立ち止まることなく、座席を狙うことです。新台が複数ある場合は、興味がある台を取ることです。タバコを吸われる方であれば、ライターなど台におくといいですが、鍵などおいて、席の確保をすることです。注意しないといけないのは入口が開いてもすぐに打っていいということでなく、音楽が鳴った時点でスタートとなります。早く打ちたいからと打たないことが大事ですね。玉をのせておくのだけはOKです。

初打ちガイドも掲載している為、初めて打つ台の研究もできます。 接客や設備が整っている大人の快適空間があるお店を探すことができます。 「P-ken.jp」では打ちたい台、行きたいお店がきっと見つかります。 最新の機種や台のスペックや解析情報が「P-ken.jp」にあります。 エリア情報を見に来るお客様にとっては嬉しいエリア内のホール情報が一括で確認できます。 パチンコの新台情報検索ならP-ken.jpへ